足場は必要なのか?気になる戸建ての足場費用の相場や設置する際の注意点とは

足場は必要なのか?気になる戸建ての足場費用の相場や設置する際の注意点とは
外壁や屋根のリフォームには足場を設置します。高所作業には足場は必要というのはご存じだと思いますが、本当の必要性の理由やポイントはわかりにくいと思われる方が多いと思います。

高所作業に足場は何故必要なのか、費用や知ってほしいポイントなど詳しくまとめてみました。

そもそも足場は必要なの?


2m以上の高所の工事を行う場合は、建築法令で足場は必要と決められています。そのため、2m以上の高所作業を行い場合は、足場は絶対に設立しないといけません。建築法令で決められている高所作業での足場の設置義務の他に、足場をかけるべき理由があります。

足場を設立して高所作業を行うことで、作業の効率を上げることができます。高所であっても安全な足元が確保されているので、アクティブに作業を行うことができます。高所で足元の安全が不十分な場合、万度な作業をすることができず作業ムラが発生してしまい、完璧な工事をすることができません。細部の作業にも力を入れることができず、不出来な完成となってしまうことがあります。また、高所でも安定した安全な足場が確保されていることにより、作業員の安全性を確保することができます。

足場は工事期間中にしか設立しない仮設物であり、工事が終わると撤去してしまうものです。そのため、高い費用と思われる方もいると思います。しかし、足場を組まないと高所での万度で安全な作業は行うことができません。

昔は足場を設立せずに梯子を使って作業を行うということもあったようですが、現代では足場無しでの高所作業はコンプライアンス上ありえないことです。

足場のシートやネットは必要?


足場にはシートやネットを張る場合があります。シートは、作業員の安全確保や材料の飛散防止に繋げることができます。特に塗料などの液体の材料を足場上で扱う際、誤って塗料を飛散させてしまうことがあります。塗料は付着してしまうと大変厄介であり、近隣の建物や車などに付着させてしまいご近所トラブルになってしまう可能性もあります。しかし、シートを張ることでそのようなトラブルも防止することができます。

ネットもシートと同様に作業員の安全確保や材料の飛散防止のために張ります。ネットを張ることで足場上にある材料が飛散せず、足場のまわりの第三者に被害を与えずに済みます。また、ネットを張ることで足場を行き来する作業員の安全防止にもつなげることができます。

このように、足場にシートやネットを張る業者は、安全などに留意して作業を真摯に取り組んでくれます。優秀で安心してお任せできる業者といえますので、足場設置の際はシートやネットを張ってくれる業者を選択するようにしましょう。

狭い場所でも足場を組むことができるの?


狭い場所でも足場を組むことができるの?
足場の材料といえばある程度の奥行きがあるので、狭い場所には入らないイメージ
があります。しかし、狭いスペースで一般的な足場が入らない場所でも足場を組むことはできます。一般的な枠組み足場やビデ足場など、奥行きのある足場が入らないスペースには、単管を使って足場を設置する単管足場を採用します。

一般的な単管を井桁に組んで足場にする方法であり、単管2本分の奥行きの足場となります。単管の直径は48.6㎜なので、その2倍の97.2㎜の足場の奥行きとなります。そのため、隣地境界線からの離れが狭い建物でも外部に足場を設立することができます。

足場の相場はいくら?


足場の単価の相場は、1㎡あたり約700~1,000円程度が相場となっています。一般的な足場は枠組み足場とビデ足場の2種類がありますが、ビデ足場の方が単価は安い場合が多く、枠組み足場の方が高価となる場合が大半です。枠組み足場の方が足場や手すりが丈夫であり、安全性が高い部分も単価が高くなってしまう理由といえます。

一般的な戸建て住宅の場合、約20万円前後の足場費用と捉えておくと良いでしょう。また、シートやネットは、1㎡あたり約200~300円程度となります。20万円前後の足場代はけして安くはありません。

しかし、完璧で万度な工事と安全性、そしてご近所へご迷惑、トラブル回避のためにはけして高くない必要な費用といえます。

足場費用は安い方が得なのか?


足場は完成の際に残らないものですので、できるだけ費用をかけたくないと思う方が大半だと思います。できれば最低限の費用で抑えた方がお得と思われるかもしれません。しかし、あまりにも安すぎる場合には要注意といえます。

足場費用を一般的な相場費用より安くするということは、安くできる理由が無ければ安くはなりません。もしかしたら手を抜いた足場になってしまい、安全性が低く、事故を起こしてしまう足場になってしまう可能性もあります。

また、万度に仕事ができない最低限の足場の場合、満足のいく仕上がりにならないこともあります。安すぎるということは、それだけミスやトラブルが起きやすい足場ということです。高所で足元を守る作業場ですので、そんな大事な箇所を低予算で不出来なものにしては、絶対にいけません。

そのため、足場が相場より安いからといってすぐに飛びつくのは、絶対に止めるようにしましょう。気になる場合は、なぜその金額になるのかを質問し、納得の回答を得るようにしましょう。足場の安かろう悪かろうは、大変危険です。

足場の費用にまつわる疑問


足場の費用にまつわる疑問</h2>
足場というのは、設置する場所の条件によって費用に大きな差が出てしまうことがあります。マンションなどの高層の建物の場合、足場の高所への荷揚げ費用が別途かかってしまいますので、相場よりも費用が高くなってしまうことがあります。また、道路から家まで階段を上がらないといけないなどの高低差がある場所の場合、運搬費用などがかかってしまうので相場よりも費用が高上りとなってしまうことがあります。

勘違いされることが多いのが、工事が長引いた場合の足場費用です。足場は仮設屋からレンタルをして使っている場合があるので使用期間が長引いた分、費用も高くなるのではと思われる方もいると思います。業者の方の理由で工事が長引いた場合は、別途費用が高くなって追加になってしまうことはありません。

しかし、お客様のからの追加工事などにより足場の設立期間が長くなった場合、別途足場代金を請求されることもあります。

足場費用の節約ポイント


足場費用の節約のポイントといえば、足場を使うリフォームは1度に行うことです。例えば、外壁リフォームを行う際に一緒に屋根、窓、煙突などの外装工事も行うことで足場を組む回数を減らすことができ、費用の節約をすることができます。

それぞれ別々にリフォームを行うとその都度足場を設置することになるので、足場費用だけでもトータルすると膨大な費用となってしまいます。1度に足場が必要となるリフォーム工事全て行うということは大変なことですが、仮設費はできるだけ節約することが賢いリフォームのポイントとなりますので、是非実践してみましょう。

足場費用は自分でも計算してみよう!


足場の費用は安くないので、果たして足場費用が適正価格なのか気になる方もいると思います。正確な足場費用を把握するためには、ご自分で計算してみましょう。

足場は建物の外面から60cm離れて設置するので、足場の面積は外壁の面積よりも少し大きくなります。6m×9mの総2階建ての場合、足場の奥行きが90cmのものを使った場合の計算をしてみましょう。

(90cm+60cm+6m+60cm+90cm)×2面+(90cm+60cm+9m+60cm+90cm)×2面=18m+24m=42mが外周の長さとなります。建物の軒の高さを6mとすると、足場を軒先より1m以上上げて設置することにより、足場の高さは7mとなります。42m×7=294㎡が足場の面積となります。これに単価相場をかけてみると、足場代が294㎡×700~1,000円=205,800~294,000円が足場の費用相場となります。シートやネットは294㎡×200~300円=58,000~88,200円となります。合わせて、263,800~382,200円となります。

足場の計算方法さえ覚えておくと、業者の見積もりをチェックする際の目安とすることができます。悪徳業者の排除と繋げることができるので、是非ご自分でも計算してみましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

足場というのは、高所作業を行う際にとても重要な仮設物だということがわかると思います。費用は安いに越したことはありませんが、相場より安すぎるのは大変危険です。足場設立は信頼できる業者にお願いし、満足できるリフォームにしましょう。
 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ