一戸建ての老朽化に目を向けよう!長く住み続ける為に建物の寿命を延ばす方法とは?

一戸建ての老朽化に目を向けよう!長く住み続ける為に建物の寿命を延ばす方法とは?
一戸建て住宅に住んでいると、築年数の経過により老朽化が気になってしまいますよね。一戸建て住宅に長く住み続けるためには、建物の劣化状態に合わせたケアが非常に大事となります。一日でも長く、快適にマイホームに住み続けることができるよう、適切なメンテナンスに目を向けましょう。

そこで今回は、一戸建て住宅に長く住み続ける為に建物の寿命を延ばす方法について詳しくご紹介していきます。

一戸建て住宅の寿命はどれくらいなのか


日本の一戸建て住宅の寿命は、残念ながら短いと言われています。寿命が短いと聞くと残念に思われるかもしれませんが、寿命がわかっていれば修繕やリフォームなどの適切な対策を行うことで、建物の寿命を長くすることができます。

木造住宅の寿命は30年ほどといわれていますが、実際は50年を超えても十分に住み続けることができるといわれています。実際には30~80年といわれており、適切なメンテナンスを行うことで80~100年は住み続けることができるということになります。

また、強固で丈夫な鉄筋コンクリート造の寿命は40~90年といわれています。頑丈で長持ちする構造というイメージがありますが、実際は木造住宅とあまり変わらない寿命ということがわかります。木造住宅も鉄筋コンクリート造の住宅も、適切なメンテナンスを行うことで100年近く住み続けることができるということがわかります。

一戸建てを長持ちさせる方法


上記では住宅の寿命についてお話しました。その寿命をさらに長くしていくためには、住宅が傷まないように意識したメンテナンスを行うことが大事となります。一般的に日本の住宅寿命の平均は30年といわれることが多いですが、それは建物を長持ちさせるよう意識してメンテナンスを行っていない住宅のことを表しています。

住宅に使われている設備機器などは、30年程度で寿命を迎える場合が多くあります。設備機器などが使えなくなると生活に不便が生じてしまうので、リフォームが必要となってきます。しかし、リフォームというのは予想以上に費用がかかってしまい、後回しにしてしまいがちです。その間に建物の劣化がどんどん進んでしまい、気がついた時には手遅れになってしまい寿命を迎えてしまいます。

一戸建て住宅を長持ちさせるためには、不便さが発生した時に速やかにリフォームを行い、改善していくことが非常に大事となります。定期的な点検やメンテナンスを行い、建物にかかる負担を最小限にするよう心がけるだけで、50年、80年と長く住み続けることができます。

屋根を長持ちさせる為のポイントとは?


屋根を長持ちさせる為のポイントとは?
屋根は上部から建物を守る大事な部位であり、長持ちをさせるためには適切なタイミングでのメンテナンスが非常に大事となります。屋根を長持ちさせるために大事となるのは、塗装のメンテナンスと補修修理の2つとなります。

ほとんどの屋根材は、塗膜によって屋根材が守られていることで屋根の寿命を長く保つことができます。しかし、塗膜は経年劣化によって保護機能が劣ってしまいます。その際に必要なのが再塗装のメンテナンスです。

補修修理は、屋根の劣化しやすい部分を補修修理することで屋根を長持ちさせるメンテナンス方法です。棟板金や漆喰、屋根材のズレや割れ、浮きの修繕など、屋根の劣化しやすいパーツ部分の劣化状態を確認することで屋根の寿命を格段に伸ばすことができます。

外壁を長持ちさせる為のポイントとは?


外壁は建物を外部側面から守る大事な部位であり、長持ちをさせるためには適切なメンテナンスが必要となります。まず、外壁の劣化の進行度を抑えるために重要なことが掃除です。外壁が汚れると外壁に施されている防汚性や防カビ性などの機能を十分発揮することができなくなり、外壁の劣化の進行を進めてしまいます。外壁を綺麗な状態にキープさせる為に掃除がとても大事になります。

また、外壁で劣化しやすい部位といえば、シーリングです。シーリングは外壁材よりも先に劣化してしまい、雨水が侵食して雨漏りの原因となってしまいます。さらに外壁を長持ちさせるためには、定期的な塗替えも必要となります。屋根材と同じく、塗膜によって外壁材が守られていることで外壁材の寿命を長く保つことができます。

外壁材に少しでも劣化症状が見られるようになったら、早急に塗り替えを検討するようにしましょう。

床下を長持ちさせる為のポイントとは?


床下は建物の下部から建物を守る部位であり、長持ちをさせるためには適切なメンテナンスが必要となります。床下や土台は地盤面に近いので、湿気がこもりやすいことから腐朽やシロアリの被害を受けやすくなってしまいます。また、それが原因で床のたわみや床が傾斜となってしまうことがあります。

床下の劣化の進行度を抑えるためには、定期的な床下の点検を行いましょう。床下の木構造材の色の状態や臭いを確認し、異常を感じる場合は業者に点検してもらい適切なメンテナンスを行うことが大事となります。

床下は空気の流通が悪く湿気が多くなってしまう部位ですので、既存の床下換気口で寒気の流通が良くない場合は床下換気扇の設置も非常に有効的となります。

一戸建ての老朽化をリフォームする際の費用の相場は?


一戸建ての老朽化をリフォームする際の費用の相場は?
一戸建て老朽化に対するリフォームには多くの費用がかかりますので、事前に把握しておくことをおすすめします。外壁の塗装リフォーム周期は10年といわれており、費用相場は約120万円となります。外壁塗装の塗料には様々な種類がありますが、普及品のシリコン系樹脂塗料であれば一般的な一戸建て住宅の大きさで約100万円となります。また、コーキングの全面打ち直しの場合は約20万円かかります。

屋根リフォームの費用相場は状況によって異なりますが、一部分の補修であれば約20万円の費用となりますが、全てを葺き替えとなると材料によりますが約100~200万円ほどの費用となります。

床下リフォームの費用相場は、床下換気扇を3か所設置の場合は、全部で約15~25万円ほどかかります。リフォーム補修には多くの費用がかかるので、前もって計画的に費用を積み立てしておくことが非常に大事となります。

ホームインスペクションの利用も検討してみよう


大規模リフォームを行うには住宅の現状を正確に把握することが大事であり、その際におすすめしたいのがホームインスペクションです。ホームインスペクションとは、住宅に精通した住宅診断士(ホームインスペクター)が第三者的な立場で専門家の見地により、住宅の劣化状態や欠陥の有無、改修すべき個所や時期、費用などを見極めてアドバイスしてくれる専門家です。いわゆる、住まいの健康診断というとわかりやすいかもしれません。中古住宅取引の際にホームインスペクションを行うことを耳にすることが多くなってきましたが、現在住んでいる戸建住宅でも行うことができます。

壊さなくても確認できる範囲を検査して、建物のコンディションを見極めます。欠陥となっている部分はどこなのか、いつ頃どこにいくら費用がかかるのか、あと何年くらい建物はもつのか、など詳しくアドバイスをしてくれます。

ホームインスペクションの結果を知ることによって効率的に修繕計画を立てることができ、いざその時がきても焦ること無く、余裕を持って準備することが出来ます。

リフォーム費用の捻出はリフォームローンも検討してみよう


このように、一戸建て住宅を長持ちさせるためには非常に多くの費用がかかります。リフォームが必要とわかっても、多額の費用がかかるのでしたくてもできないと諦める方もいると思います。しかし、適切な時期に適切なリフォームを行わないと、建物はどんどん劣化してしまいます。そこで一戸建ての住宅修繕リフォームの際におすすめなのがリフォームローンです。

リフォームローンはその名の通り、リフォームを行うための専門のローンです。大きく分けると無担保ローンと有担保ローンの2つがあります。無担保ローンは、文字通り無担保でローンを組むことができるリフォームローンです。無担保なので借入れできる金額は数百万円程度であり、部分的なリフォームなどの小規模リフォームにおすすめです。

有担保ローンは、住宅ローンのように自宅を担保に入れてリフォーム資金を借り入れするリフォームローンです。担保設定することで1,000万円近いローンを組むことができるので、大規模改修工事を行う際におすすめです。ただし、保証料や手数料、抵当権設定登記費用などの費用がかかってしまいます。リフォームローンは住宅ローン控除を受けることができるので、減税対策にもなります。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

一戸建て住宅は、メンテナンスの仕方により寿命を長くさせることができます。30年寿命といわれる一戸建て住宅ですが、適切なタイミングにきちんと修繕リフォームを行えば、50年、100年と住み続けることができます。大事な建物にずっと住み続けることができるよう、必要なタイミングでの修繕リフォームを行うようにしましょう。
 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ