戸建ての火災保険ってどんなもの?種類や相場、修繕範囲を徹底解説!

戸建ての火災保険ってどんなもの?種類や相場、修繕範囲を徹底解説!
戸建ての火災保険の内容は、意外と詳しく把握していない方も多くいらっしゃいます。保険内容をしっかり把握して、火災保険を効果的に使いましょう。戸建ての火災保険とはどのようなものなのか、種類や相場、修繕範囲などを詳しくご紹介していきます。

戸建ての火災保険とはどのようなものなのか


戸建ての火災保険とは損害保険の1つであり、建物や建物の中に収容されている物品の火災や風水害による損害を補償してくれる保険です。一般的に火災保険は、火災や落雷、破裂、爆発、風災、雪災などの自然災害によって建物や家財に損害が発生した際に支払われる保険です。現在、多くの方が加入されており、どなたでもご利用できる保険といえます。

火災保険という名称から火災の時にしか申請できないと思われがちですが、火災以外の被害にも適用される場合があるので詳しく火災保険の内容をチェックしてみることが大事です。

火災保険で申請できる基本の補償とは


建物や家財を対象としている一般的な戸建ての火災保険では、火災、落雷、破裂、爆発風災、雹(ひょう)災、雪災、水災、水漏れなどの自然災害による損害が補償されます。ただし、個々の補償内容は各保険会社で販売している保険の内容により異なります。保険で修繕可能な被災箇所は、屋根、破風、鼻隠し、庇、雨戸、窓、雨どい、笠木、ベランダ、外壁、テラス屋根、外壁通気口、門扉、ウッドデッキ、玄関アプローチ、カーポートなどがあります。

近年、地震や噴火、津波で受ける建物への火災の被害が多く発生していますが、この場合は火災保険を使うことはできません。地震や噴火、津波が原因で火災が発生したとしても、これらの項目は地震保険の保険範囲となるので注意が必要です。

火事による火災保険の利用は意外に少ない


火事による火災保険の利用は意外に少ない
火災保険という名称の保険なので、火災の時にしか申請できない保険というイメージを持っている人も少なくないようです。しかし、火災による火災保険の利用は意外に少ないのが現状です。

ほとんどが風災や水災、雪災による建物の被害での利用となっています。もはや火災保険という名称ですが火災被害以外で火災保険を使っている方が多く占めており、自然災害によって受けた建物の被害を火災保険で賄っている方がとても多くいらっしゃいます。

ほとんどの火災保険の場合、風災や雪災、水災による被害の補償を行っています。近年は台風や水害などで建物に被害を受けることも多くあり、知らず知らずに建物が破損していることは珍しくありません。修繕には費用がかかるので修繕しない方も多くいらっしゃるようですが、修繕費用を保険で賄うことができるのであれば、今すぐ修繕したいと思う方もいると思います。自分が加入している火災保険で賄うことができるかもしれませんので、気になる破損個所がある場合は火災保険会社に該当するのかどうかの旨を相談してみるとよいでしょう。 火災保険を使って建物を修繕して、長く住み続けることができる建物にすることができます。

台風や暴風でも火災保険の申請が可能


近年は大型の台風や暴風などが頻繁に発生しており、建物に様々な被害を受けていることが多くあります。建物の上部は目に付きにくい箇所の為、実は破損していて屋根材の破損や雨漏りなどの被害を受けていたなんてことも少なくありません。また、台風や爆風などの被害により、外壁やテラス、外構にも被害があった時にも、火災保険で賄うことができます。

火災保険は、台風や爆風での被害の場合でも保険金が支払われます。台風や爆風などの悪天候があった後に、建物をぐるりとチェックしてみましょう。少しでも不具合が見受けられた場合は、保険会社に相談をしてみましょう。

水災でも火災保険の申請ができる


水災や水漏れでも、火災保険の申請ができます。台風や暴風雨により発生した土砂崩れ、高潮、洪水などにより建物が床上浸水になった場合、火災保険の保険金が支払われる場合があります。また、これらの災害後の片付け清掃などにかかる残存物取片付け費用も補填されます。

また、給排水設備が故障し床が水浸しになった場合も、火災保険の保険金が支払われます。例えば、マンションで上階の住人が水漏れを起こし、天井、壁が濡れるなどの事故も火災保険で補填されます。

火災保険の申請は自分で行わなければいけないのか


火災保険の申請は自分で行わなければいけないのか
火災保険を使ってみたいと思っても、申請は面倒なイメージもあると思います。火災保険の申請は申請者自身で行わないといけないのでしょうか。

火災保険の申請で必要なのは、鑑定士への状況説明、被災箇所の写真撮影、見積もりなどの書類作成です。これらを準備してリフォーム会社にお願いしないといけない為、面倒だなと感じる方も多いと思います。そんな方には火災保険の適用申請をサポートしてくれるリフォーム会社にお願いしてみましょう。保険の申請は申請者自身でする必要がありますが、現地調査や保険申請に必要な被災箇所の写真撮影、申請書類の作成など、全面的にサポートしてくれます。分からないことがあれば詳しく教えてくれるので難しく考えずに申請ができます。

火災保険申請をサポートしてくれるリフォーム会社は多くありますが、依頼するうえで大事なのは、最後まできちんとバックアップしてくれる、しっかりとした被災調査書を作成してくれる、希望のない契約や工事を保険申請前に行わない、万が一保険金が下りない場合保険請求の経費を請求しないなど、契約内容がきちんとしている会社に依頼しましょう。

火災保険費用の相場


火災保険費用の相場は、一般的な最低限の保証の火災保険の場合、1年間で7,000円~10,000円ほどが相場です。幅広い災害の補償を付ける場合は、13,000円~15,000円ほどが相場となっています。

火災保険は自動車保険と違い、保険を使っても保険料が上がることはありません。被災するたびに、何度でも申請ができます。そのため、少しでも被害に気付いたら申請して利用すべきといえます。

火災保険を選ぶ時はどんな会社に依頼すべきか


火災保険はいざという時に使う保険なので、しっかりとした保証ときちんと管理体制ができている会社に頼むべきといえます。火災保険は、保険会社や商品により補償内容が全く異なるので、細かい部分までチェックして検討するようにしましょう。

また、保険会社というのは会社により対応が多少違うようです。いざとなると査定が厳しかったり、対応が良くないなどの口コミも多くあります。そのため、ネット上で保険会社の評判をチェックしてみるのも大事となります。どのような保険会社なのかをチェックして、ここならお任せできると思う保険会社と契約するようにしましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか。
火災保険というのか火災の被害のみならず、様々な被害に対しても保証してもらえることがわかると思います。火災は滅多に発生しませんが、近年は風災や雪災、水災はよく発生しやすい被害です。風災や雪災、水災で受けた被害は建物に致命的な被害を与えてしまうことがありますので、おかしいと思ったらすぐに相談をして修繕するようにしましょう。 早めの修繕で、しっかりとした住まいをキープすることができます。
 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ