屋根の修理に足場は必要?足場が絶対に必要な理由と設置前に把握しておきたいポイント・注意点

屋根の修理に足場は必要?足場が絶対に必要な理由と設置前に把握しておきたいポイント・注意点

屋根の修理の際に足場は必要ではないと思われる方もいるようです。しかし、足場の設置は屋根の修理の際に欠かせない重要な行程の1つなのです。修理の流れや精度など屋根修理の重要な部分に大きく関わってきます。なぜ屋根の修理には足場が必要不可欠なのか詳しくご紹介していきます。

足場は屋根の修理を正確に施工するために必要


屋根の修理は、屋根に上がってしまえば作業ができるので足場は不要と思っている方もいるようです。しかし、屋根の修理には足場は絶対に必要となります。その理由として屋根修理を正確に施工するためには、屋根の隅から隅まで行き来しないといけないからです。 屋根を修理する際には、細かい部分まで全てチェックし、修理の仕残しが無い、完璧な状態に仕上げます。

屋根の不具合というのは平たい部分だけではなく破風や淀、谷、棟など、細かい部分に発生する場合が大半です。そのため、屋根の隅々まで細かくチェックして不具合を確認します。足場が無ければ細かい場所までたどり着くことができず、万全な屋根の修理とはなりません。そこで業者が屋根全体を細かくチェックするために自由に行き来できる足場が必要となるのです。

安全に施工するためにとても大事!


屋根の修理というのは施工するということだけではなく、作業する人の安全確保も非常に重要となります。建築基準法では、2m以上の高所の作業の場合足場が必要となる記載があります。平屋建てでも屋根は2m以上の高さにありますので、絶対に足場が必要となります。

屋根の端の方まで確認する際、誤って転落してしまう可能性もあります。屋根の修理には細かい部分までの確認が絶対必要となりますので、細部まできちんと確認できる環境をつくった上で修理を行うことが非常に重要となります。

はしごを登って屋根の修理をしているのを見かけることがありますが、はしごでは細かい部分まで確認することができないので万全な修理にはなりません。確実に修理をして屋根を健康な状態にする為にはしっかりとした足場を作り、業者が安全に行き来できる状態にし、細かい部分までしっかりと確認してもらうことが非常に大事となります。はしごで修理を行って中途半端な状態で行っても、全く意味がありません。

足場は近隣配慮のためにも必要


近隣配慮のためにも必要
屋根を点検する際に、水を使った検査をすることで汚れた水が周囲に飛び散ってしまうことがあります。そのようなことにならないように足場に飛散シートを張って防止し、余計な水分をに飛ばさないようにします。足場が無ければ汚れた水を周囲に散乱させてしまい、また修理の際に発生した細かいゴミも散乱してしまうことがあるので、そうなってしまうと近隣にご迷惑をかけてしまいます。

屋根の修理は自宅を健康に保つために必要ですが、外での修理ですので近隣に何かしらの影響を与えてしまいます。近隣トラブルを避けるためにも絶対に足場が必要となります。

足場設置の際には近隣への挨拶が必要


屋根の足場設置の際や修理の際に金物独自の音が鳴るなどの騒音が発生することがあります。そのため、屋根修理がはじまる前に必ずご近所にお知らせしておく事が大事となります。面倒と思われるかもしれませんが、一言ご報告しておくだけで後のトラブルに繋がらなくなりますので必ず行うようにしましょう。

ご近所への挨拶は、両隣りの家、お向かいの家など騒音で迷惑をかけそうな家へ事前に挨拶に行きましょう。挨拶の内容は業者に聞くと教えてくれますし、一緒に挨拶に行ってもらうこともできます。

絶対に行ってはいけないのは、挨拶まわりを業者に任せてしまうことです。業者にだけ行ってもらうのではなく、当事者本人も一緒に行った方が近隣の皆さんに良い印象で伝わるので必ず一緒に行くことをおすすめします。騒音が出る日など具体的に伝えると、よりご近所に安心感を与えることができます。挨拶まわりをしておくことで、多少の騒音があっても我慢してもらえますのでとても重要です。

屋根の修理に使う足場にはどのような種類があるのか


屋根の修理に使う足場には様々な種類があります。屋根まで到達するための足場ですので、簡易的な足場を使うことが大半です。

最近多く見かけるのが、ビケ足場という足場です。ビケ足場は、ブラケットと呼ばれる部材を組み合わせて設置していく足場です。足場の奥行きは90cmほどあり、破風や淀などの屋根の端部分の修理の際にしっかりと足場が確保される足場です。

もう1つの足場は、単管足場です。単管足場は、単管を井桁に組んだ足場であり、奥行きがあまり無く、足場スペースが限られている場所に設置します。例えば、隣の家との距離が近く、ビケ足場の設置が難しい場合に採用します。 単管の井桁状の足場ですので、作業性や安全性は低くなってしまいます。

また、屋根自体に足場を設置する場合もあります。屋根勾配が5寸勾配以上の場合は滑りやすいので、屋根足場という足場を設置します。単管を使った井桁状の足場であり、屋根上に井桁に組んで転落防止効果を発揮させます。5寸勾配以下の屋根の場合は設置せずに、作業を行う場合が大半です。

足場の設置期間


足場の設置期間
屋根の修理の際に設置する足場は、修理をしている期間ずっと設立しています。屋根の修理内容にもよりますが、1~2週間は設置したままになります。雨などの悪天候が発生した場合は、もっと設置期間が長くなります。

修理内容により設置期間は異なりますので、事前にどれくらいの工事期間になるのかを確認しておきましょう。業者に依頼すると工程表を提出してくれ、どれくらいの期間かかるのかを確認することができます。

足場の設置期間を長くしたくない場合は、雨が降らない時期に屋根の修理を行うことで最小限の足場設置期間にすることができます。屋根修理の時期にも影響しますので、よく検討して修理時期を決めるようにしましょう。

足場設置中に発生する生活への支障とは


屋根の修理の際、足場があることで困ってしまうことといえば、家の中が暗くなってしまい、窓を開けにくいということです。特に、暑い時期に窓を開けることができないと、苦痛に思われることもあります。

あまりにも苦痛に思われる場合は、業者にお願いをして足場のシートを一時的に外してもらうなどの処置を取ることもできます。気になる時はご相談してみると良いでしょう。

また、足場は金属製ですので、職人さんの足場の行き来により金属音が発生してしまいます。聞き慣れない音ですので、苦痛に思われるかもしれません。作業をするために足場を行き来しているので仕方のない音であり、修理期間中は解決しにくい騒音です。どうしても気になる場合は、修理を行っている時間帯は外出するなどしてストレスを溜めないようにしましょう。

足場設置後は防犯の面に気を付けよう


足場が設置されることにより建物の近くに行きやすい動線ができてしまい、外部の人が入ってきやすい環境となってしまいます。よくあることといえば、足場の陰に入って窓を開けて侵入する空き巣などの被害です。

屋根修理の際には、窓の施錠を必ず行うようにしましょう。普段は窓の施錠を掛けていないお宅も多く、外部リフォーム中に空き巣に入られたという被害があります。窓の全ての施錠をきちんとチェックし、完全に施錠した状態にするようにしましょう。小さい窓でも侵入してくる可能性もありますので、小さい窓も含めて全ての窓を施錠しましょう。

また、夜出かける時も照明をつけたままで出かけることで、空き巣の犯罪意識を低くすることができ、空き巣が入りにくい環境にすることができます。

まとめ


いかがでしたでしょうか。
屋根の修理の際には足場は絶対に必要です。足場費用はかかってしまいますが、その分確実な修理に繋げることができます。足場は完成するとなくなってしまう仮設物ですが、万度な修理のために、そして安心、安全な作業のために必要不可欠ですので必ず設置しましょう。
 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ