瓦を修理する方法は?効率的に修理を行う為に知っておきたいポイントと注意点

瓦を修理する方法は?効率的に修理を行う為に知っておきたいポイントと注意点
瓦屋根に不具合を見つけた場合、どのように対応したらいいか分からず、焦って間違った行動をしてしまうことがあります。事前に修理のポイントをしっかりと把握することで間違いのない完璧な瓦屋根の修理にすることができます。今回は、屋根瓦の修理のポイントと注意点など、詳しく解説していきます。

瓦屋根の修理が必要となるタイミングとは


瓦がどのような状態の場合に修理が必要となるのでしょうか。それは、瓦の割れや浮き、ズレ、漆喰の剥がれや崩れ、下地のルーフィングの劣化など、明らかな被害が出ている場合に修理が必要となるタイミングとなります。また、鬼瓦や谷部分、軒先部分にズレなどの変化がある場合も修理が必要なタイミングとなります。

これらの部位は遠目で屋根を見ることでも判断できる場合がありますが、近くで見ないとはっきりとした状態がわからない場合もあります。遠目で見ておかしいなと思ったら、専門業者に依頼をして細かい点検を行ってもらい修理の判断をしましょう。

ズレや割れの修理


瓦のズレがある場合は瓦を元の位置に戻す、割れがある場合は新しい瓦に交換するという流れとなりますが、著しいズレや割れの場合は下地のルーフィングという防水紙にも劣化が発生している場合があります。

屋根というのは屋根の仕上げ材で雨を防いでいるわけではなく、下地の防水紙であるルーフィングが防水力を発揮しています。ルーフィングは屋根の仕上げ材に守られて劣化しにくい状態となっておりますが、ルーフィングが見える程に瓦がズレていたり割れている場合は、紫外線などの外的刺激に侵されてしまい劣化している可能性があるので下地のルーフィングの確認が必要となります。

下地のルーフィングは黒色をしているので、瓦のずれや割れが確認できた際に黒色が見えている場合はルーフィングに劣化が発生している場合があります。ルーフィングも点検した上で、瓦のズレや割れの修理へと進めなければいけません。

漆喰の剥がれ


漆喰の剥がれ

瓦屋根の中で漆喰が使われている部分は、屋根の1番上にある棟という部分と屋根瓦の隙間です。屋根瓦は波状の形となっており、平らな形の棟との取り合い部分に隙間が発生してしまいます。漆喰は屋根下地への防水効果も発揮しますが、瓦屋根の棟の中にある葺き土に雨が当たるのを防いでいる効果も発揮しています。漆喰の剥がれが発生している場合、剥がれている部分からの雨漏りと葺き土への防水効果が発揮できなく、雨漏りや棟の破損へと発展してしまう場合があります。

最初は軽微な漆喰の劣化であっても、放置しておくことで劣化の進み具合が早くなってしまい、下地などへ負担がかかってしまいます。少しの期間、放置しただけで最悪な状態へと発展してしまう場合もありますので少しでもおかしいと思ったら専門業者に相談をするようにしましょう。

葺き替えでの修理


瓦の劣化状態が広範囲に発生している場合、部分的な修理を行うよりも屋根全体を葺き替えする選択の方が望ましい場合があります。数か所に不具合が発生しており部分補修しないといけない状態の場合、その他の部分も劣化していることが大半だからです。部分的に修理をしても、すぐに他の場所の修理が必要になってしまう場合があります。幾度と修理を行うよりは一気に全ての屋根を葺き替えすることで、長期間の修理の手間を省くことができます。

瓦屋根の葺き替えとは、瓦を新しいものに葺き替える屋根工事です。広範囲で屋根瓦に異常が発生している場合、瓦の全てを新しくし葺き直すことで瓦の心配のない新しい屋根とすることができます。瓦の素材自体は大変寿命が長い屋根材ですが、割れやズレ、漆喰の破損などが著しい場合、新しい屋根仕上げ材を使って一気に新しくすることが望ましくなります。下地のルーフィングなども全て直して新しくするので、雨漏りをせず建物内の保温性や防音性も高めることができます。

屋根下地が気になる場合は葺き直しの検討も


屋根瓦だけではなく下地も気になる場合は、破損部分の屋根瓦の修理の他に下地も修繕する葺き直しがおすすめです。葺き直しとは、既存の屋根の仕上げ材を一度撤去し、下地の修理を行った後に既存の屋根瓦を使って葺き直す屋根リフォームです。瓦屋根の場合、既存の屋根瓦を全て取り外して、下地のルーフィングや漆喰などを修理します。その後、今まで使っていた屋根瓦と破損分は新しい屋根瓦を使って葺き直します。

瓦というのは寿命が長い屋根材ですが、下地のルーフィングや漆喰は10~20年ほどしか持ちません。屋根瓦や漆喰の破損により下地のルーフィングに負担がかかっている場合があり、雨漏りへと発展してしまう場合があります。既存の屋根瓦を使った葺き直しなので、葺き替えと比べると費用は少なく済みます。

屋根瓦の修理は専門業者に依頼すべき!

屋根瓦の修理は専門業者に依頼すべき!
屋根瓦の修理は、DIYが不可能という訳ではありません。しかし、屋根という高所に登って作業を行うので簡単にできる作業とはいえません。また、瓦屋根の不具合の見極め方は知識と経験が必要なので経験のない素人では簡単にできません。

屋根瓦の修理は専門業者に依頼しましょう。屋根瓦は特殊な屋根材料ですので、屋根のことに詳しいだけでは正確な判断ができません。そのため、瓦屋根に詳しい専門業者に点検と修理の依頼をしましょう。

絶対にお願いしてはいけないのが、訪問販売の業者です。屋根というのは外部で誰でも目に付く場所にあるので、訪問販売業者が目を付ける部分です。訪問業者もリフォームの業者ではありますが、専門的な知識はありません。浅い知識で修理を行うので中途半端な修理となってしまい、完璧な瓦屋根修理とはならず、すぐに修理が必要となってしまうケースが多くあります。

屋根というのは建物の上部から守ってくれている大事な部分ですので、信頼できない業者には修理を依頼しては絶対にいけません。専門業者にお願いをして満足できる完璧な修理としましょう。

屋根瓦の修繕は火災保険で賄うことができる場合がある


屋根瓦の修繕を行う際に、気にしてもらいたいポイントがあります。それは、屋根瓦の修理は火災保険で賄うことができる場合があるということです。

近年増えてきている災害といえば、大きな台風やゲリラ豪雨、暴風雨、落雷などの自然災害があります。それらの災害により住宅の被害件数が多発してきています。屋根という部分はこれらの自然災害の影響を受けやすい部位であり、暴風で屋根がめくれたり動いたりなど、様々な被害が発生しています。これらの自然災害は、火災保険の中にある風災や雪災、ひょう災などが該当する場合があります。その自然災害に該当した被害の屋根の破損であれば、火災保険で費用をまかなって修理が可能となる場合があります。

火災保険の種類は、住宅火災保険と住宅総合保険の2つの種類があります。住宅火災保険は一般的な火災保険であり、火災や落雷、破損、爆発、自然災害(風災、雪災、ひょう災)などに対応しております。住宅総合保険は、住宅火災保険の補償に加え、水災や水濡れ、破損・暴行、盗難、飛来、落下、衝突なども補償となります。

風災の場合は、最大瞬間風速が秒速20m以上の風により発生した損害が申請の対象となります。台風や暴風雨、旋風、突風、竜巻、春一番などの強い風による災害を指します。強い風により屋根材が破損した場合の被害は風災として保険会社に申請することができます。また、被害の損害額が20万円以上の場合該当し、20万円以下の被害の損害額の場合は風災として認められず火災保険を使うことができません。軽微な20万円以下の修理の場合は火災保険に該当しませんので注意しましょう。

瓦屋根の被害が広範囲に発生している場合は、修理費用もかさんでしまいます。自然災害や火災保険の適用についてはリフォーム専門業者が詳しいので、専門知識が豊富な専門業者に相談をして火災保険の適用有無を検討してみる良いでしょう。

瓦屋根に異常を感じたらまずは業者に点検をしてもらおう


瓦屋根の修理は一見簡単に見えがちですが、専門性が高い部位です。そのため、安易に捉えて修繕してしまうと、失敗してしまう可能性が非常に高い修繕です。専門的な知識が必要となりますので、必ず専門業者に相談をして点検をしてもらいましょう。

専門業者は、知識と長年の技量により屋根を細かく点検して1番良い修理方法を提案してくれます。一般的な知識の人が気が付かない部分も見極め、問題が発生しない屋根の修理を提案してくれます。屋根がダメになると建物全体がダメになってしまうので、少しでもおかしいと思ったらすぐに専門業者に依頼をして屋根全体を点検してもらいましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

瓦屋根の修理というのは、想像以上に簡単ではないことがわかったと思います。少しの破損だと安易に放置してしまいがちですが、放置してしまうと大きな破損へと繋がってしまいます。絶対に放置しないで、おかしいと思ったらすぐに専門業者に相談をしましょう。健康な屋根をキープして長く住み続けることができる建物を保ちましょう。
 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ