放置厳禁!コロニアル屋根からの雨漏りの原因と修理手順を解説

放置厳禁!コロニアル屋根からの雨漏りの原因と修理手順を解説
コロニアルは現代的でモダンな、近年増え続けてきている人気の屋根材料です。コロニアルは他の屋根材と少し違う素材要素を持っており、少しの劣化でも修理が必要となるので少しでも異変を感じたら修理が必要となります。コロニアル屋根の雨漏りの原因や修理手順など、コロニアル屋根を長持ちさせる為に知っておきたい情報を詳しくご紹介していきます。

コロニアル屋根は雨漏り発生事例が多くある


コロニアル屋根には、他の屋根にはない省施工により雨漏り事例が多く発生しています。それは、コロニアル屋根を葺く際に行う葺き足調整という作業を行うからです。

他の屋根は、下地に墨打ちをして正確な位置を屋根下地に記して施工を行っていきます。しかし、コロニアル屋根材は墨に頼らず、1枚ごとにある下と横の目地を合わせながら固定していきます。そのため、釘で固定する際に少し位置がずれてしまうことがあります。発生してしまうずれは3㎜程度であり、発生したずれを金づちで叩いて修正して定位置に固定します。他の屋根材とは違い簡単にずらすことができる材料なので、あえて施工の際に墨打ちをせずに金づちで叩いて微調整する施工方法を行います。

金づちによる強引な微調整により不具合が発生し、雨漏りの原因となってしまいます。金づちで叩いて強引に位置を横ずらしにすることで、固定した釘が左側に傾いてしまいます。また、釘が斜めになるので、釘頭がコロニアル屋根材の表面と並行ではなくなってしまいます。コロニアル屋根材の表面から少し浮いてしまい、位置を調整したことでコロニアル屋根材の釘穴が広がった状態になってしまいます。コロニアル屋根材だけではなく下地のルーフィングなども穴が広がってしまうので、防水効果が低くなり雨漏りしやすい屋根となってしまいます。

コロニアル屋根雨漏りの1番の原因は釘穴!


コロニアル屋根の雨漏りの1番の原因は、釘穴です。葺き足調整により釘穴が大きく広がってしまうことの他に、コロニアル独自の施工方法により釘穴が大きな原因となってしまい雨漏りへと発展してしまいます。それは、コロニアル屋根の釘打ちの位置が雨水滞留位置に重なってしまうことが多いからです。

コロニアル屋根は、半分以上を重ねて葺いていく施工方法です。コロニアル屋根は重なっている部分に雨が滞留する構造となっており、重なっている部分の下地が脆弱な場合、雨漏りが発生してしまいます。そして、コロニアル屋根は重なっている部分に釘打ちをするので雨水滞留位置に釘穴ができてしまい雨漏りしやすい屋根となってしまいます。

薄く軽い材料ゆえ材料が浮きやすいコロニアル


薄く軽い材料ゆえ材料が浮きやすいコロニアル
コロニアルは、薄く軽い屋根材料です。近年は大地震などにより建物の耐震性を重視される事が多く、薄くて軽いコロニアル屋根が注目されるようになりました。

コロニアル屋根は数ある屋根材料の中でも薄く軽く、少しの動きが加わることで動きやすい性質を持っています。釘の動きや地震などで動きが加わった際に簡単に動いてしまうので、浮いたり隙間が発生しやすくなってしまいます。薄くて軽くて建物に負担がかかりにくい屋根材料ですが、施工方法により難点が発生しやすい材料となってしまうこともあります。

コロニアルはひび割れしやすい材料


コロニアルは薄い材料なので、様々な外的刺激によりひびや割れなどの破損が発生しやすいという難点があります。

台風などの大きな風により物が飛んできて、コロニアル屋根が破損したという話はよくある話です。また、屋根のメンテナンスなどの際に屋根に上がることで重力がかかり、重なっていない部分が割れてしまうことがあります。屋根塗装の際や太陽光パネルの施工の際に踏むことで重力がかかり、割れてしまうこともよくある話です。重なっている部分は割れにくいので屋根に上がる際は重なっている部分のみを歩行すれば問題ありませんが、その判別ができずコロニアル屋根が割れてしまうことは少なくありません。

タスペーサーなしで簡単に雨漏りが発生


屋根仕上げ材にも防水効果はありますが、下地のルーフィングにより屋根の防水効果を発揮し雨漏りのない屋根にしています。コロニアル屋根の場合、わざと隙間を作り、入り込んだ水分を屋根の外に吐き出しています。コロニアルなどのスレート屋根にはタスペーサーというスペーサーを使い、重なり部分に隙間を作って雨などの水分を外部に吐き出しています。

コロニアル屋根にはスペーサーが必須であり、それがきちんと施工されていないがゆえに雨漏りが発生する事例が多くあります。スペーサーは一軒の住宅に対して何百個と使うので、その費用と手間が惜しく使わない施工業者もあります。屋根の重なり部分の塗膜をカッターで切り、そのわずかな隙間から水分を吐き出すことで問題ないと思う業者もいるようです。しかし、塗膜を切っても万度な隙間とならず、入り込んだ水分が屋根の中で行き場を無くしてしまい、下地の弱い部分に集まって雨漏りが発生してしまいます。また、屋根塗装をした際に重なり部分を切らずに完成させてしまい、隙間がなくなり水分の行き場がなくなって雨漏りするケースも少なくありません。

コロニアル屋根の修理手順


コロニアル屋根の修理手順
コロニアル屋根のよくある不具合といえば、ひび割れです。軽く薄い材料なのでひび割れしやすく、築10年以上経つとあちこちにひび割れが発生しているのを見受けられます。ヘアークラックの場合は補修は必要ありませんが、0.3㎜以上のひび割れは修理しないといけません。修理方法は、シーリングを使って行います。補修に先立ち汚れを綺麗に落とし、その後塗装工事を行う場合は高圧洗浄にて屋根全体を綺麗に洗い流します。シーリング材を使ってひびを充填し、ひびの奥まで充填できるようにヘラで均します。その後塗装を行う場合は、シーリングがしっかり硬化した後に行います。

大きく欠けている場合は、コロニアルの部分交換を行います。コロニアルは重ねて葺いていますので、部分的に取り外すことはできません。交換するコロニアルの見えている部分のみを切り取り、上から新しく接着して取り付けます。

全体的に細かいひび割れが発生している場合は屋根全体の劣化が進んでいる状態ですので、カバー工法を行います。既存の屋根はそのままにし、その上から新しく屋根を葺いていく工法です。カバー工法は屋根が二重になってしまいますが、コロニアルは軽い屋根材ですので二重になっても屋根の重量の心配は不要です。

軽微な雨漏りはDIYで修繕しても良いのか


軽微なコロニアル屋根の雨漏りは自分で修繕したいと思う方もいると思います。しかし、コロニアル屋根のDIYでの修理はおすすめできません。

1番の理由は、コロニアルは屋根材の中でも扱いにくい材料だからです。薄く割れやすい材料ですので、踏み込み方を間違えるだけで簡単に割れてしまいます。1か所補修するどころか、何か所も補修箇所が増えてしまい修理費用がかさんでしまったケースは少なくありません。また、重ね方も特殊であり、1か所間違えた補修を行うことで更なる雨漏りへと発展してしまいます。コロニアル屋根は扱い方を熟知している人でないと万度な修繕となりませんので、素人の修繕は絶対におすすめできません。

また、高所作業になりますので、慣れていない素人には非常に危険な作業となってしまいます。登ることは可能ですが、作業に集中していて落下してしまうということは少なくありません。 高所での作業というのは想像以上に難しく、DIYで安く補修できるように思えてそうならない場合が大半です。屋根というのは建物の上部から建物を守っている大事な部位ですので、コロニアル屋根に熟知している専門業者に依頼するようにしましょう。

コロニアル屋根は扱いにくいので専門業者に修理を依頼すべき


コロニアル屋根というのは、意外と厄介な素材です。屋根を扱っている業者でも万度に扱うことができない場合も多くあり、コロニアルに熟知している専門業者に修理を依頼すべきです。

コロニアルが劣化すると細かい不具合が発生してしまうので、修理の際にはそれらを全て確認した上で修繕を行わないと意味がありません。見つけた1か所のみを修繕しても、芋ずる式に不具合が発生するからです。コロニアルに熟知している業者であれば、屋根の上に登って全ての屋根部分の点検を行い、修繕が必要な個所を全てピックアップして報告をしてくれます。修繕後、安心して屋根を使い続けることができるので必ず専門業者に依頼しましょう。

依頼してはいけないのが、訪問業者です。訪問業者は屋根に目をつけやすく、屋根の修繕やリフォームを進めてきます。しかし、訪問業者はコロニアル屋根には詳しくありません。そのため、適当にリフォームをされてしまうことが多くあります。屋根はお客様の目に付きにくいので、適当に行ってもバレないからです。訪問業者にコロニアル屋根の修繕を行ってもらった後、半年ほどで雨漏りしたなんていうケースも少なくありません。訪問業者にうながされて不安になったら、地元の専門業者にお願いをして屋根の点検を行ってもらいましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

コロニアル屋根は、耐震性が高く意匠性の高い人気の屋根です。きちんとメンテナンスを行うことで長く使い続けることができます。少しでもおかしいと思ったらすぐに修理を行うようにしましょう。
 

施工事例

お客様の声

お役立ち情報

お問い合わせ